黒田化学株式会社

業種
製造業
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プラメカニズムで世界を変えてゆく。


 黒田化学株式会社は高精度プラスチックメカ部品の製造メーカー。世の中のニーズと、プラスチックを主としたシーズを結び、新たな価値を創造する“プラメカニズム”を理念にプラスチックの可能性を追求し続けています。

 創業75年でつちかった技術力と、マーケティングから生産準備・生産出荷までの一貫生産体制が強みであり、現在はマザー工場である小矢部工場を軸に、静岡、中国(深圳、広州、佛山、蘇州)、ベトナム、メキシコとグローバルに拠点を構えています。また広い視野で積極的な海外展開を重ねてきた黒田化学は人材の育成にも注力しています。社員への想いを社長の黒田泰人氏に伺うと「会社は一人ひとりが最大限力を発揮できる場。ご縁があって来てくれた社員には、個性を活かして活躍できる舞台を提供したい」と答えてくださいました。

 「製造技術部金型保全課」に所属する水野晴貴さん(19)に話を聞きました。自身のクルマ好きがきっかけで、車載部品の製造を手掛ける同社への入社を志望した水野さん。現在は小矢部工場で念願の車載部品の金型メンテナンスを担っています。配属直後から班長の下で技術を学んだそうで、「先輩も優しく、今ではすっかり仕事に慣れました。クレーンの資格も取得できました」と、充実している様子。「資格取得は自分の成長を確認できる機会。会社が全面サポートしてくれるので、より頑張れます!」と、やる気の中に、安心感も覗かせました。

 また製品の品質を担う「品質保証部検査課」に所属する齊藤凌さん(20)も、「挑戦を後押しする社風の下で、大好きなモノづくりに集中でき、自分の思いを実現できています」と答えてくれており、若手がしっかり輝ける職場であることが伺えます。

 皆さんへのインタビューを通じ、黒田化学は社員の思いを実現する「舞台」だと感じました。有力なメーカーとつちかってきた絆、プラメカニズムを実現する技術力、70年以上続く伝統と実績、世界に広がる拠点があり、社員が夢の実現を目指せる環境が用意されています。社会のニーズを汲みとりながら社員一人ひとりが個性を活かして飛躍できる。そんな環境づくりに注力している、ますます注目したい企業です。


<メッセージ>
縁あって入社した社員たちが、「入社してよかった」と思える会社であることを心がけています。黒田化学という舞台で思い切り羽ばたいてみませんか。
― 代表取締役社長 黒田 泰人

会社データ

代表者
代表取締役社長 黒田 泰人
事業内容
高精度プラスチックメカ部品の開発・製造、および成形用金型の設計・製造
本社所在地
南砺市城端368
従業員数
280名
連絡先
0766-67-5085
詳しくはこちら